避妊薬を学ぶ

安全に避妊を行うための薬について学びましょう。 - 哲学的な避妊

哲学的な避妊

低用量経口避妊薬が認可されて、数十年たちます。
避妊に関して、個人の意思が尊重されてはいますが、倫理的な観点から物議を醸しているのも例外ではありません。

第三者的な観点や、宗教観の違いがあるので、人それぞれと言ってしまえば済む話ではあります。
中絶は駄目だが、避妊はありという価値観にも相違と矛盾があると言われているようです。
とは言え、合法的に認められている医薬品なわけですから、服用してはならない訳ではありません。

しかし中には、避妊薬の処方を拒む医師もいるそうで、難しい問題といえばそうなのかもしれないです。
理由としては、その効能効果にいわれがあり、製紙の着床を阻害する点から、生命を絶えているという事らしいです。

また、女性のみが服用することから、その後にあるかもしれない副作用のリスクを一端に担わせる行為自体がNGという見解になっています。
それは、コンドームを着用する避妊とは、明らかに異なる責任の問題であるようです。
すべてを考慮して、解らない訳ではありませんが、最終的には個人の価値観でよいのではないでしょうか。

最後に、避妊薬を人だ時点で、妊娠をしない訳ではありませんので、誤解ない様にして下さい。

語句サーチ

Author

  • 名前:ゆきお
  • 性別:男
  • 年齢:43歳

10年前に地元大坂で建設会社を立ち上げて独立起業しました。持ち前のガッツで今では仕事も安定し、またお世話になった地元に恩返しがしたいという思いから、消防団にも入団して地域活動にも専念しています。