避妊薬を学ぶ

安全に避妊を行うための薬について学びましょう。 - 低用量避妊ピルについて

低用量避妊ピルについて

経口避妊薬または、低用量避妊ピルとよばれる妊娠を回避する医薬品があります。
しかし、通常の作用とは別に女性にとって、重要な副作用が懸念されていました。
それは体重増加で、この手の避妊薬は、毎日定時に服用を約一か月間続けます。
その為、軽度の頭痛や腹痛などであれば我慢もできるようですが、体重が増えるむくみには悩ませれる所でもあるようです。
有効成分にエチニルエストラジオールと呼ばれる、女性ホルモンの調整剤があります。
それとは別に合剤されている、ドロスピレノン(Drospirenone)は黄体ホルモンで、体内の塩分や水分を排除する働きが確認されています。
よって体重の増加を防ぐ特徴があり、体内で自然に生成される黄体ホルモンに類似性が高いことから、副作用が少ないそうです。

妊娠を防ぐために服用される経口避妊薬として、アメリカ食品医薬品局の認可を受けた最も処方されているピルにヤスミンがあります。
体重増加などを防ぐ作用と別に、ニキビや吹き出物を予防する効果も期待されているそうです。
ピルや避妊薬を服用しながら、ダイエット薬を使用すると弊害を起こす可能性もありますので、ご注意ください。

更新情報

2015/09/09

マーベロンは私の相棒のような存在を新規投稿しました。
2014/05/14

運営者情報の情報を更新しました。
2013/04/26

低用量避妊ピルについての情報を更新しました。
2013/03/22

哲学的な避妊を新規投稿しました。
2013/03/22

現代の避妊環境を新規投稿しました。

語句サーチ

Author

  • 名前:ゆきお
  • 性別:男
  • 年齢:43歳

10年前に地元大坂で建設会社を立ち上げて独立起業しました。持ち前のガッツで今では仕事も安定し、またお世話になった地元に恩返しがしたいという思いから、消防団にも入団して地域活動にも専念しています。